Shadowlizer 会員規約

第1条(総則)

  1. 本規約は、CROCO株式会社(以下「当社」といいます。)が運営・提供する『Shadowlizer』(以下「本サービス」といいます。)の翻訳者(以下「会員」といいます。)及び翻訳者となることを希望する方(以下合わせて「会員等」といいます。)と当社の関係を定めるものです。
  2. 会員等は、本規約に同意し、本規約記載の所定の手続きを経ること及び当社が別途提示する業務委託基本契約書の内容に同意することにより、当社から翻訳業務を受託することができるようになります。

第2条(本規約の範囲及び変更)

  1. 当社が別途定める規定、本サービスサイト等での表記、別途提示する業務委託基本契約書又は会員専用画面その他の表記により、会員等に対して告知する内容は、本規約の一部を構成します。これらの告知内容が本規約の定めと異なる場合には、各告知の内容が優先します。
  2. 当社は、会員等の承諾を得ることなく本規約の全部又は一部を変更することができます。当社が本規約を変更した場合には、本サービスサイト又は会員専用画面等での告知により会員等に対して通知するものとし、会員等は継続利用することにより規約の変更を承諾したものとみなされます。

第3条(会員登録の要件)

  1. 会員登録申請ができるのは、仮登録手続申請時点で、満20歳以上の方に限ります。
  2. 会員登録ができるのは、日本国籍を保有している方、又は日本国籍を保有していないが下記に該当する方に限ります。
    1. 身分・地位に基づく在留資格により日本に滞在している方
      例)永住者・定住者・日本人の配偶者等・永住者の配偶者
    2. 就労が認められる在留資格のうち「技術・人文知識・国際業務」の在留資格により日本に滞在している方
  3. 反社会的勢力の構成員(過去に構成員であった方を含みます。)及びその関係者に該当する場合には会員登録することができません。

第4条(仮登録手続)

  1. 本サービスへの登録を希望する方は、当社指定の方法により、仮登録手続の申請を行います。なお、仮登録手続の申請手続きは本人が行うものとし、代理による手続は認められません。
  2. 前項の仮登録手続の申請には、登録しようとする方が下記情報を提供することに同意し、当社指定の方法にて提供することが必要です。
    1. 氏名
    2. 国籍
    3. 外国籍の方の場合は在留資格及び在留期間
    4. 性別
    5. 生年月日
    6. メールアドレス
    7. 住民票上の住所
    8. 電話番号
    9. その他当社が指定する前掲資料を補足する資料
  3. 第1項の仮登録手続の申請には、当社規約の個人情報の取り扱いについて同意していただく必要があります。

第5条(翻訳スキルの確認テスト)

  1. 前条の仮登録手続終了後、当社から翻訳スキルを確認するテストを実施いたします。テストの実施方法については、当社より個別に連絡します。
  2. 前項のテストは、必ず会員登録を申請している本人が受験するものとし、会員登録申請者以外がテストを受けさせる、自動翻訳又は機械翻訳を使用して一部又は全部の翻訳を行う等の方法でテストを受けることは禁止します。万が一、かかる不正の事実が発覚した場合は、テストに合格した場合であっても、合格を取り消す等の措置を採ります。
  3. 本条1項のテストにより、採用基準をクリアしていると当社が判断した場合に、本登録手続に進むことができます。
  4. 当社は、前項の採用基準の内容・詳細及び結果採否の理由に関するお問い合わせについては、いかなる場合であっても一切回答しません。

第6条(本登録手続)

  1. 本登録手続として、当社より指定される本サービスページ上でログインパスワードを設定する手続をします。
  2. 本登録手続を完了させるには、別途当社が提示する業務委託基本契約書に同意していただく必要があります。
  3. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、当社の判断によって会員登録を承諾しないことがあります。
    1. 過去に当社の提供するサービスにおいて利用規約違反等により登録を抹消された履歴があると当社が判断した場合
    2. 登録されたメールアドレス等の連絡先が使用できない(当社からの連絡が受信不可能であり、かつ内容を確認することができない)場合
    3. 会員登録内容に虚偽があると当社が判断した場合
    4. 前条記載の確認テストを本人以外の者が受験している、自動翻訳又は機械翻訳を使用した等不正の方法によりテストを受けて合格したと当社が判断した場合
    5. 会員登録内容が第三者に嫌悪感を与える又は公序良俗に反する表現を含んでいる場合
    6. その他当社が不適切な会員登録内容であると判断した場合

第7条(本人情報の登録手続及び義務)

  1. 前条の本登録手続完了後、会員は、当社より発行される本サービスの翻訳者専用管理画面(以下「会員専用画面」といいます。)より、第4条(仮登録手続)2項記載の会員情報に加えて、会員に関する下記情報の提供と資料の提出をすることで、個別の翻訳業務を受注できるようになります。
    1. 会員名義の銀行口座情報(日本国内の金融機関で国内送金により日本円で受取可能なものに限ります。)
    2. マイナンバー及びかかるマイナンバーを証する資料
    3. 日本国籍を有する方は顔写真つきの身分証明書
    4. 在留資格により日本に滞在している方の場合は、在留カード及びその画像並びにパスポートの有効期間満了日及びパスポートの顔写真ページの画像
    5. その他当社が指定する前掲資料を補足する資料
  2. 第4条2項記載の会員情報及び前項記載の本人情報(以下併せて「会員登録情報」といいます。)に変更が生じた場合、会員は、直ちに所定の変更手続きを行わなければなりません。

第8条(個別契約の成立)

  1. 当社が会員に対し依頼する翻訳業務の内容(翻訳原稿の概要、成果物の詳細条件、依頼期日、納入期日、業務委託料等)は、会員専用画面に掲載します。
  2. 個別契約の成立、契約履行方法等の詳細については、当社と会員とで締結する業務委託基本契約書に記載します。

第9条(業務委託料)

  1. 会員は翻訳業務の対価として業務委託料を受け取ることができます。
  2. 本サービスにおける業務委託料及びその支払方法は、業務委託基本契約書及び会員専用画面記載の個別の依頼情報において定めます。
  3. 業務委託料の支払時において、当社は日本法令に定める源泉徴収を行います。確定申告など会員自身の納税手続きは、会員自身が責任をもって行わなければなりません。
  4. 会員が会員登録情報の更新を適切に行わなかったことにより、当社からの業務委託料の支払いができなかった場合、会員は別途当社が指定する期日までに会員登録情報の変更を行うこととし、かかる期日内に会員が登録情報の更新を行わなかった場合又は当社からの連絡が未到達の場合には、当社が会員登録情報の変更を指定した期日において、当該会員から当社に対して債権の放棄があったものとみなします。

第10条(翻訳原稿の権利の帰属)

  1. 会員により翻訳結果が納入された時点をもって、当該翻訳結果に関する、著作権(著作権法第27条及び第28条に規定する権利を含む)は、会員から当社に譲渡されるものとします。
  2. 会員は、本条第1項に基づいて当社へ著作権等が譲渡された当該翻訳結果について、当社及び当社より正当に権利を取得した第三者に対し著作者人格権を行使しないこととします。

第11条(会員等の出国時の義務)

  1. 会員等は、住所地の住民登録を抹消して出国する場合等、長期にわたり日本国外に滞在する場合(旅行等による短期の出国は除く。以下「出国」といいます。)には、その可能性が出た時点で直ちに当社に通知する義務を負い、出国日までに業務委託料の受領と退会手続を行う必要があります。
  2. 出国予定日以前の一定期間は当社からの翻訳業務を受託することはできません。
  3. 会員が第1項の手続きを怠ったことにより業務委託料の受領が不可能になった場合、出国日又は当初の支払期日のいずれか早い日において、当該会員から当社に対して債権の放棄があったものとみなします。

第12条(退会手続)

  1. 会員等が本サービスからの退会を希望する場合又は前条(会員の出国時の義務)1項に基づき退会手続を行わなければならない場合、会員等本人が所定の手続きを行うものとします。当社でかかる手続きを代行することはありません。
  2. 会員が当社に退会希望を申し出て、当社が退会を承諾する意思表示を電子メールにて会員に発信した時点で、会員は退会となります。
  3. 会員は、未受領の業務委託料がある場合は退会前に業務委託料の請求手続きを行うこととします。かかる手続きを行わずに退会した場合、退会手続の申込日又は当初の支払期日のいずれか早い日において債権の放棄があったものとみなします。

第13条(再登録)

    会員等が前条に基づき退会した後、事情の変更により、再度、会員登録を希望するときは、改めて本規約記載の手続きに従って、会員登録の申請をする必要があります。

第14条(個人情報の保護)

    当社は、当社コーポレートサイト上に別途定めるプライバシーポリシーを遵守し、個人情報を適切に取り扱います。
    ・プライバシーポリシー及び個人情報の取り扱い
    https://cro-co.co.jp/privacypolicy/

第15条(秘密保持義務)

  1. 本サービスにおいて、「秘密情報」とは、下記情報をいいます。
    1. 当社の技術上又は営業上の一切の情報
    2. 翻訳のクライアントに関する一切の情報
    3. 翻訳対象物に関する一切の情報
    4. 他の会員等に関する一切の情報
  2. 会員等は、本サービスを通じて形式を問わず取得した前項記載の秘密情報及び個人情報を秘密に保持し、本サービスを履行する目的以外にこれを利用せず、また当社の書面による同意を得ることなしに複製を作成し、又は第三者に開示若しくは漏洩してはなりません。ただし、以下の場合はこの限りではありません。
    1. 取得したときに、既に公知となっている場合
    2. 取得した後に、取得者の責によらずして公知となった場合
    3. 取得する以前に、取得者が既に知得していた場合
    4. 正当な権利を有する第三者より、守秘義務を負うことなく開示を受けた場合
    5. 秘密情報によらずして、独自に開発した場合
  3. 前項の記載にもかかわらず、当社が本サービスの全部又は一部を第三者に委託する場合には、当社は秘密情報を当該委託先に開示できるものとします。ただし、当社は、当該委託先に対して、当社が本条に基づき負担する義務と同様の義務を負担させることにします。
  4. 会員は、本件業務の全部又は一部を第三者に委託する場合及び秘密情報を第三者に開示する場合には、事前に当社の書面による承諾を得なければなりません。
  5. 会員等は、本サービスから得られる情報を複製してはなりません。
  6. 会員等は、本サービスの提供が終了した後又は当社から要請があった場合、秘密情報及びその複製物を当社の指示に従って返却、廃棄、データ削除等を行うものとします。
  7. 本条の規定は第12条(退会手続)、第18条(会員登録の抹消、利用停止)、及び本サービス提供終了後も存続するものとします。

第16条(損害賠償)

  1. 会員等が本規約に反した行為若しくは不正に又は違法に本サービスを利用したことにより当社に損賠を与えた場合、当社は会員等に対し、損害賠償請求(弁護士費用を含みます。)を行うことができるものとします。
  2. 会員等により第三者に対する権利の侵害があったときに、第三者からのクレームや請求への対応に関連して当社に賠償金、その他の費用が発生した場合、紛争の当事者である会員等は当該賠償金その他の費用(当社が支払った弁護士費用を含みます。)を負担するものとします。

第17条(権利義務等の譲渡禁止)

    会員等は、本サービスの利用により当社に対して取得した一切の権利を譲渡、転貸、担保差入その他の形態を問わず処分することはできません。

第18条(会員登録の抹消、利用停止)

  1. 当社は、会員等が以下のいずれかに該当する場合、事前の通知なしに会員登録を抹消し、本サービスの利用を停止することができます。
    1. 登録内容に虚偽があり、運営上の支障が生じた場合
    2. 第4条の仮登録手続を申請したが、第6条の本登録手続を完了しないまま、申請時より6か月が経過したとき
    3. 登録内容に変更があったにもかかわらず、所定の変更手続きが行われておらず、本サービスの運営に支障が生じた場合
    4. 登録メールアドレスに対して送信された、本サービスの利用に関する当社からの重要な連絡が正常に届かない又は必要な返信がなかった場合
    5. 在留資格やパスポートの有効期限の更新が行われない場合、又はそのために在留期間若しくはパスポートの有効期限を超えたとき
    6. 会員が出国するにも関わらず、第11条(会員等の出国時の義務)記載の義務を行わず、日本には滞在していないことの蓋然性が高いとき
    7. 会員が第21条に定める禁止事項に抵触した場合や、その可能性が高いと当社が判断した場合
    8. 会員が暴力団を始めとする反社会的勢力であると合理的に認められる場合、又は暴力団を始めとする反社会的勢力との関係が合理的に疑われる場合
    9. サービスの利用において、当社、他の会員等又は第三者に対する不正行為、迷惑行為があった場合
    10. 手段のいかんを問わず、サービスの運営を妨害した場合
    11. 本規約のいずれかに違反した場合
    12. その他当社が会員として不適切と判断した場合
  2. 前項に基づく会員登録の抹消又は利用停止措置により会員に何らかの損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。

第19条(ID及びパスワード等の情報管理)

  1. 会員等は、ID及びパスワード等会員情報の管理を自己の責任で行うものとします。会員情報の不正利用等のトラブルを避けるため、会員は以下の事項を遵守しなければなりません。
    1. 容易に第三者に推測されないパスワードを使用すること
    2. 自己のID、パスワードを第三者に開示しないこと
    3. 自己のID、パスワードを第三者に譲渡、貸与、使用許諾をしないこと
    4. 複数人で利用するコンピューターで本サービスを利用する場合、当該コンピューターに会員情報を記録させないこと
    5. 本サービス以外のサービスと同一のID、パスワードを設定しないこと
  2. ID及びパスワードによって本サービスの利用があった場合、当社は会員本人が利用したものと取り扱うことができ、当該利用によって生じた結果やそれに伴う一切の責任については会員本人に帰属するものとします。
  3. IDやパスワードが第三者に利用されたことによって生じた損害等は、当社に故意又は重過失がある場合を除き、当社はいかなる責任も負いません。
  4. 会員は、パスワードその他の会員登録情報の変更を希望する場合、本人が所定の変更手続きを行うものとします。当該変更手続きを当社が代行して行うことはありません。なお、変更手続きがなされなかったことにより生じた損害について、当社は一切の責任を負いません。

第20条(当社からの通知)

  1. 当社は会員等に対し、必要な事項を、本サービスサイト上での掲示、電子メールの送信、会員専用画面での通知、その他当社が適切と判断した方法により通知します。
  2. 前項の通知は、当社が電子メールを発信した時点、当社のサービスサイト上又は会員専用画面上に掲示した時点、若しくは当社が特に定めた場合にはその時点より効力が生じるものとします。
  3. 当社は、当社からの通知が届かないことにより会員等に損害が発生した場合において、一切の責任を負いません。ただし、当社に故意又は重過失がある場合を除きます。
  4. 当社は、会員等に対して電子メール又は会員専用画面での通知によりメールマガジン、広告等の配信をすることができるものとします。

第21条(禁止事項)

    当社は、本サービスの利用に際して、会員等が次の各号の行為を行うことを禁止します。なお、会員等が故意・過失を問わず、以下の禁止行為を行った場合、当社は会員等に対しあらかじめ通知することなく、サービスの全部又は一部の利用を停止、又は会員登録の抹消といった措置を講じることができるものとします。
    1. 本規約及びその他付随する注意事項等に違反すること
    2. 会員以外の第三者に翻訳業務を行わせること及び自動翻訳又は機械翻訳を使用して一部又は全部の翻訳業務を行うこと
    3. 当社及びその他の第三者の権利、利益、名誉等を損ねること
    4. 法令、公序良俗に違反し、又は違反のおそれのある行為を行うこと
    5. 他の会員等又はその他の第三者、若しくは当社に迷惑となる行為や不快感を抱かせる行為を行うこと
    6. 他者になりすまして本サービスを利用する行為を行うこと
    7. 他者の個人情報の譲渡又は譲受にあたる行為、若しくはそのおそれのある行為を行うこと
    8. 他の会員等又は第三者、若しくは当社の著作権、商標権などの知的財産所有権を侵害する行為又は侵害するおそれのある行為を行うこと
    9. 他の会員等又は第三者、若しくは当社の財産、プライバシー、肖像権若しくはパブリシティ権、その他の権利・利益を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為を行うこと
    10. 有害なコンピュータープログラム、メール等を送信又は書き込むこと
    11. 当社のネットワークやサーバー設備等に不正にアクセスすること
    12. 当社のサーバーに極端に負荷を与え又はセキュリティーの低下を招く行為、それらのおそれのある行為を行うこと
    13. プログラムによる自動ログインや自動受注をすること又は成果物の自動納品をすること
    14. 許可なく本サービスの全部又は一部を販売すること
    15. 本サービスのURLや本サービス内のコンテンツ、プログラム、ソース等を、当社に無断で複製、公衆送信等して使用すること
    16. 本サービス自体の運営、技術研究を目的として申込み及び利用すること
    17. 本サービスの信頼を失墜させる内容を掲載する行為を行うこと
    18. 本サービスの管理・運営を妨げる目的で利用すること
    19. その他、当社が本サービスの会員等として適切ではないと判断する行為を行うこと

第22条(免責事項)

  1. 当社は、本サービスの利用に際し、会員等に生じた損害又は損失などに対して、第18条(会員登録の抹消、利用停止)、第21条(禁止事項)、第23条(サービスの中断)、第27条(本サービスの内容の変更、停止及び提供の終了)に該当する場合を含め、事由のいかんを問わず一切の責任を負いません。
  2. 当社は、会員等が本サービスの利用によって他者に損害を与えた場合、その一切の責任を負いません。
  3. 当社は、当社のウェブサイト、サーバー、ドメインなどから送られるメール、コンテンツに、コンピューターウィルスなどの有害なものが含まれていないことを保証いたしません。
  4. 当社は、提供する本サービスの内容について、瑕疵やバグが無いことを保証いたしません。
  5. 当社は、会員等が本サービスを通じて得る情報などについて、品位の維持管理には努めておりますが、その安全性、正確性、確実性、有効性などにおいて一切の責任を負わないものとします。
  6. 法令の適用その他の理由により、本条その他当社の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず、当社が会員等に対して損害賠償を負う場合においては、当社は当該会員等が直接かつ現実に被った通常損害に限り(予見可能性があっても特別損害は除く。)損害賠償責任を負うものとします。

第23条(サービスの中断)

  1. 当社は、次のいずれかに該当する場合には、会員等に事前に通知することなく、本サービスの一部ないし全部の提供を一時的に中断・停止することがあります。
    1. 本サービス用設備(通信機器、ソフトウェア、回線設備それらの付属サービス等を含むが、これらに限られない。以下、同じ。)の保守又は工事のためやむを得ない場合
    2. 本サービス用設備に障害が発生しやむを得ない場合
    3. 事故、天災、戦争・暴動等が発生しやむを得ない場合
    4. 電気通信事業者等の提供する電気通信役務に起因して電気通信サービスの利用が不可能になった場合
    5. その他、運用上又は技術上当社が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合
  2. システムの大規模なトラブル、停電・通信回線の事故、地震、天災等の不可抗力、法律上の制限、通信事業者の不履行、外部からの無権限アクセスその他当社の合理的な支配のおよばない原因により、本規約により定められた条件に基づく本サービスの提供が一時的ないし永久的に不可能となった場合、当社は会員等に対し、損害賠償その他一切の責任を負わないものとします。

第24条(本サービス利用環境の整備)

  1. 会員等は、本サービスを利用するため会員側の設備等(通信機器、ソフトウェア、回線設備それらの付属サービス等を含むが、これらに限られない。)として必要なもの全てを自己の費用と責任において用意し、本サービス利用に伴って発生する電話会社又は各種通信事業者より請求される接続に関する諸費用は、会員等が負担するものとします。
  2. 会員等は、前項の会員側の設備等を自己の費用と責任において維持管理するものとし、当社は前項の会員側の設備等について一切関与せず、また一切の責任を負いません。
  3. 会員等は、自己の利用環境に応じて、コンピューターウィルスの感染防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティー対策を講じるものとします。

第25条(会員等の送信データについて)

  1. 会員等が本サービスの利用に関して当社の管理するサーバーに送信したデータについて、当社ではバックアップの義務を負わないものとし、会員等自身がバックアップを行うものとします。
  2. 当社のサービスの保守や改良などの必要が生じた場合には、当社は、会員等が当社の管理するサーバーに送信したデータを、サービスの保守や改良など必要な範囲で複製等することができるものとします。

第26条(本サービスについての知的財産権)

  1. 本サービス及びそのコンテンツに関する著作権、商標権、特許権もしくは他の知的財産権等若しくは一切の技術的情報、ノウハウ、コンセプト、アイディア等は、当社に帰属するものであり、法律によって保護されていることを会員等は認めるものとし、これらの権利を侵害する行為を行わないものとします。
  2. 会員等は、本サービスを通じて会員等に提供される情報(映像・音声・文章・写真・ソフトウェアを含む。)が、著作権、商標権、もしくは他の知的財産権および法律により保護されていることを認め、当該情報を権利者の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をしないものとします。
  3. 会員等が本サービスに対し、自ら発信又は提供した情報(以下「会員等提供データ」といいます。)に著作権が発生した場合、会員等は当社が当該権利を無償かつ非独占的に使用(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等)することを許諾するものとします。また、会員等は会員等提供データに対し、著作者人格権を行使しないものとします。

第27条(本サービスの内容の変更、停止及び提供の終了)

  1. 当社は、当社の都合により、事前の通知なくいつでも本サービスの全部又は一部について内容を変更し、実施を停止し、又は提供を終了することができるものとします。
  2. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に起因して会員に生じた損害について一切の責任を負いません。

第28条(分離可能性)

    本規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残り部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第29条(準拠法及び管轄裁判所)

  1. 本規約及び本契約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されます。
  2. 本規約、本契約及び本サービスに関連する事項について、会員と当社間で紛争が生じた場合は、訴額に応じ、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2018年9月12日制定